あすらん blog

日々の独り言をつづっていきます

オリンピックのコロナ対策!?

政府は...(対コロナ)安心・安全...なオリンピック...

などと説明するが、基本的には「バブル方式」をそのように

言っている。これは選手や関係者を泡で包むように外界と

遮断して、競技場とホテル以外は移動させない。一般の人とは

接触させないを「対策」として自信を持っているようだが...

実際には「バブル方式」は崩れてしまった

というより、バブル方式自体をやっていないのがはっきりした

今回のウガンダ選手団で出た1名の陽性者である

国内に入ってきたらそのまま受け入れ地の「泉佐野市」へ

直行。あれ?検査はしないまま...

そして泉佐野市で検査したら「陽性者」が居たことが分かった

国はそれまで...「検疫」が検査をやっていると国会で答弁

したが、その直後その国会で検疫担当の厚労省がそれを否定

国自体が何もしていないし管理もしていないことが発覚

結局そのあとは自治体である泉佐野市へ丸投げ!!

なぜかずっと一緒だった日本の職員もウガンダの選手たちも

普通に行動していて、忘れたころに「濃厚接触者」として

一部が指定された。まあ全員が毎日検査をしているというが

PCR検査はしていない、抗原検査だ

これは症状が出ているときに直ぐに分かるものだが、無症状

の人にはほとんど「陰性」にしかでないものだ

それで毎日症状が出なければ全員「陰性」で出し続けられる

という事だろうし、費用や対応などの策はすべて泉佐野市に

丸投げしているから、策自体も無いのが実情だとばらしている

あれ? パブル方式は日本では崩れているので、何をもって

安全や安心な五輪が出来るのだろうか?

「策」無しで野放し状態だ

まあ...今回の濃厚接触者に指定された数人はホテルで監禁して

いるのだろう...それすら保障は無いようだが...

だれが「おもてなし」をしているのかな? 担当者が濃厚接触なのだが...

今日は『夏至』

今日が24節季の『夏至

太陽がもっとも東の北近くから昇り、最も西の北近くに沈む

日の出が一年で一番早いのが...6月13日頃

逆に日の入りが一番遅いのが...6月28日頃 (新潟の場合)

世界でも暦を作るときの1年を知るのにこの夏至を基準に

していた様です

イギリスの「ストーンヘンジ」のように、夏至の日の日の出の

方向を指し示しているという遺跡は世界でもいくつもある

暦は大事ですものね

暦と言えば、第8の月をOctober(Octはオクトパスのタコで8)

ですが、なぜか10月のことですね

理由は以前に書いたかな?

ともかく、世界に共通の暦はありませんが、昔から

夏至は赤道付近を除く北半球では

「最大にエネルギーをもっている」と

言われています。南中高度が最高でもありますからね

太陽ってすごいよね?

1分間に全方向に出すエネルギーを電気に換算すると

地球の電力の約8万年分...人類史より長い

(;^_^A

医療vs環境対策

コロナ禍では「命が大事だろ」とばかりに、医療に対しては

免罪符を与えているようですが、その医療自体がずっと人々の

命を守ってきたとも言えません

以前書いた...高血圧と塩の関係も、「高血圧?減塩を!」と

常識のように扱われていますが、実は高血圧と塩分との

因果関係は証明されていません。たしかに5%の患者には

減塩が有効ともいえそうですが、あとの95%の患者には

気休めにもなっていません

さらには減塩が、熱中症を引き起こす要因にもなっていたりして

「減塩」を指導しだしてからの熱中症による患者や死者数は

増える一方です

そして...コロナ禍で騒がれる「不織布マスク強要」はついに

「環境対策」と逆行してしまいました

不織布はもちろん『プラスチック』ですから、処分はどうしてる?

自治体にもよりますが、燃えないゴミとしてが材質的には

当たり前。でも『不織布は紙だろ』のデマから、燃やしてしまったり

しています。もちろん燃やすのは通常ダメですし、燃やさないで

不燃ごみで埋め立てられたりすれば『マイクロプラスチック』を

ばらまくことになります

どう扱うべきかは自治体に任されていますが、知らんぷりの自治体が

多くて、分類例には「不織布」は入っていなかったりします

そんな中で、周回遅れどころか何もしていなかったのが「日本工業規格

マスクについては一切の基準すら無かったので、これまでも

作っている「メーカーの自己申告」による性能保証しかありません

偽の医療用マスクが平気で売られていたり、機能的にはマスクとして

低性能なのに、「医療用」とか「99.9%カット」とか平気で

表示していました

世界的にもこんないい加減なことがまかり通っていたのは日本くらい

メディアもなにも触れずに...というかメディアが触れないように

安倍前政権からのメディア弱体化策が日本の方針でしたものね

命を守らない医療、そして儲けだけ求めるマスク業界と

今まではそうでしたが、これからはどうなるかな?

今日は??新潟地震の日?無重力の日?

今日は何の日? ですが...

今日は「無重力(616)の日」と「新潟地震の日」

ということで、新潟市から緊急速報として「訓練」ですが

スマホ等への速報が送られ、一斉に鳴り響きました

授業中だったり勤務中だったりで慌てた?

まあ...昨日も予告メールは来ていましたが...

それはともかく...全国的には知られていない「新潟地震

昭和39年、新潟国体と東京オリンピックの年でした

そう...それがネックですね

国体の方は競技が中止になったものや、天皇が来るということで

作られた昭和大橋がパタパタと落ちている写真がありますが

誰も使わない橋なので負傷者ゼロ!

問題は東京五輪!!

政府は五輪を盛り上げるために『メディアは報道するな』と

報道規制を行い、国民にはほとんど知らせないという作戦に出ました

おかげで、液状化現象のさきがけの地震ですが、知る人しか知らない

地震となりました

まあ...これから五輪までに大地震が来ても、同じようにできるのかな?

出来るでしょうね...日本のメディアなら...

世界の後進国を望む?

ワクチン接種は、先進国の中でも最も遅く始めたので

世界で余り始めたワクチンが次々と入ってきている

順調に接種が進んでいるように...見えるのは国を見限って

自分で考え出した自治体があるから!!

国が用意した接種の進行状況把握の機器もプログラムも30年前の

システムのような動作と使いにくさで、独自に1日で一人が作った

システムがよかったなんてこともあり、国の言うようにやっていたら

どんどん取り残されていく

とはいえまだワクチンが来ない自治体も多く、準備だけしているが

「予約」が取れないのはお役所仕事に甘んじているから

まあ...民間でも「サポート」なんてつながらない・対応しない

の部署でもあり、日本自体の考え方の遅れがそもそもだろう

とはいえ、それでも先進国は次々とゴールする中で、日本は

スタートを切ることができたようだ

と...ワクチンはそんなだが...他は先進国として先頭争いをしている?

だったらいいね

お役所の「デジタル化」といい、女性議員の割合といい、政治家は

反対勢力で成り立っているようです

デジタル化の一つの「ハンコ」問題は、法も含めて意識改革する

つもりもありません。議題にも上げないつもりですね

女性議員の割合...スポーツのほうで話題になりましたが

それでも世界からは取り残され...

国会議員では10%は乗せたものの、世界で166位と発表されました

国会だけではなく、地方議会も同レベル

自民や維新は「女性の割合を上げるのは反対」と公言しています

自民の女性議員は「割合を上げるのは、優れた男性議員を減らすことになる」

という理由で反対だそうです

まあ...稲田・高市・片山など、大臣経験者でも言っているので

すから...あれ? 自民に優れた男性議員って心配するほどいました?

ということは自民の女性議員はそんな男性議員よりも劣ると

公言しちゃってますが...

まあ...世界の後進国を目指す日本!!

SDGs...日本には関係ないことのようですね

ここへ来ての五輪実施の話??

以前からあったが、五輪のボランティアのキャンセルが

増えている

それもそうで、日時が縛られるのになにも保障もなく

さらには「他県から来た」と誹謗中傷も予想される

『英語力を生かしたい』と思っていても、選手にも

観光客にも会うことも無くなる。選手は会場とホテルの

専用バス移動。バスはもちろん、会場もホテルも関係者

意外立ち入り禁止。ボランティアは関係者ではないから

観光客も五輪関係では望めない。無観客実施が見えてきているから

ではどうするか?

ボランティア「辞退」が最も合理的考え方だろうね

選手団の第一陣(オーストラリア)が群馬入りしたと報道があった

国が「地元との交流をさせても良い」として宿泊(合宿)費を

すべて国が持つからと、地元イベントも企画しろと言っていたが

実際はホテルと練習場に缶詰!!

地元を出歩くなどNG! イベントなんて夢のまた夢

招致した自治体は笑いのネタにしかならないね

それでも自民の二階さんの旅行業界(ホテル)とのつながりは

助かるというだけかな?

ボランティアも地方も見捨てて...東京五輪はどこへ行く??

ワクチン接種...長距離走に例えると!?

政府は大学や大企業でも職場や住民への接種会場として

と息まいているが...アメリカ等で余りだしたワクチンが

やっと日本にまわってきたからだろう

よく...携帯の「5G」は周回遅れと揶揄されるが、

日本のワクチン接種は周回どころではない...

他の国がゴール前の残り「1周」の鐘がカンカンカン...

となりだして最後の1周になってきたところで

日本はやっとスタート位置について...首相などが

「全力で走れ!」と言い始めたところ

ワクチンの事については日本は完全に敗北を喫したというより

戦おうとさえしなかったのだ

安倍前政権から、学問や学術・科学・医療などの研究を

切り捨ててきた

そしてワクチンの研究開発についても、他国は「外国の研究機関でも投資しろ」

とやってきたが、日本ではノーベル賞のiPs細胞の医療施設でさえも

研究費の拠出を打ち切ってきたのが安倍前政権!

そして現政権は...

学術会議の承認もしなくなった。科学技術や学問は成果が出てから

でなければ援助の必要も無いという政府の方針を引き継いでいる

からだろうが...それが現実のワクチン外交の敗北となった

研究費の補助してくれた所にはどこでも株主のように優先的に

回されたワクチン

それが来ないから、札束で頬を殴りながらワクチンを回せと

脅してきたが、作ったところは脅しには屈せずだったたけ

いよいよ世界でワクチン接種が片付いてきたころに、日本には

「余ってきたからまわしてやろう」と届き始めた

安倍政権の三本の矢の政策が実を結んで、日本のワクチンが

ここまで出遅れてしまっただけのこと

まあ...それをのぞんだのが日本人なのだから仕方ないが...

学術会議の騒ぎで「任命権は首相にあるから」と考えなしに

指摘してきた自称知識人は...だれでしたっけ?

その人たちがワクチンのまる1年の遅れを作ってきたとも言えますね